匕 螺子

匕と螺子

貧乏人の木工趣味ゆえ
一度拵えたものの
永年経ち必要がなくなり
材として使いたい
なんてことがよくある

接着剤で固定してしまうと
取り外した時
接着面は気の毒なことになってしまう
木ねじで固定しているなら
穴は残るけどまだ材としては使える
そこでこの木製ネジ
材と材をかなり強力に固定する
しかも材として再利用もできる

究極の固定法が
捻り組み接ぎ と
image6473.jpg
螺子(ねじ)
image7127.jpg
捻り組み接ぎは
超面倒臭いけど
螺子は至極簡単
こいつで気長に
螺子を切っていく
image7126.jpg

image7125.jpg
再生可能貧乏木工
木材は大事にしたい

ところで
人間も蘇ることができるのかしらねぇ
もし蘇ることができたら
次は渡り鳥が良いなぁ・・・

再び

涼しくなったらまた
花が咲き始めた
花も
我慢していたらしい

再び花の季節

ステルンベルギア
image7120.jpg

image7119.jpg
アブチロン 
image7111.jpg
何をするにも
良い季節になった
半日畑を這いずり回って
何やらやらかしている
ニンニクとラッキョウを植え
一部サツマイモを掘った
こちらは大豊作(^o^)
image7121.jpg
畑にいると
考えたところでどうにもならないような
つまらないことは何も考えない
ただそれだけで清々する
植えたり収穫したり草取りしたり
半日スクワット状態
躯に良いやら悪いやら(^_^;)

キン肉マンのよう
なんとも
逞し
image7122.jpg

落花生

昨日
小動物によって
被害を受けた落花生
これ以上被害拡大も
癪に障るので
少々早いけど
全部掘りあげた
image7115.jpg
まあまあの収穫になった

向後は
皮を剥き
炒め
延々とすり鉢で擂り
ピーナツバター作り(^o^)

どんなものでも
ひとの口に入るまでには
たくさんの時間と
労力が掛かるのです

風立つ

ハイビスカスの鉢
転げ
これまで
丸かった風が
今朝はきりっと
角が立ったよう

気温下がって
鮮やか
image7103.jpg

image7104.jpg

image7106.jpg

image7110.jpg
いつまでも楽しませてくれる
ヒャクニチソウ



秋風 立つ
image7114.jpg

雨で畑に出かけなかった
二日ぶりに行ってみると
何やら異変
落花生の畑が
なんだかおかしい
根本が掘り返され
土が剥き出しになっている
烏対策の張り巡らした紐は
何の異常もない
土に何か突っ込んだような三角の跡
ハクビシンだろうか?

鋏を持った頭の黒いネズミやら
烏やら ハクビシンやら 様々な虫
畑には敵が多い
腹いせにひと株掘ってきた
塩茹で!
image7109.jpg
掘ってすぐじゃないと
塩茹でには
ありつけないのです
image7113.jpg
サツマイモを掘っていると

初めてサツマイモを植えたんだけど
「いつ掘ったらよいのですか?」
と散歩中の女性から質問される
「陽気にも依るけど
植えて大凡5ヶ月すれば収穫できるでしょう」と
うちの畑もそれくらい経った
image7105.jpg
大根を間引いた
image7107.jpg
やることが
幾らでもある はたけ